一人POGプロジェクト 中園厩舎

現在は条件馬だが、1年以内に重賞・OP特別を使ったような厩舎が期待している(またはしていた)馬に注目して単勝を狙うプロジェクト

3月21日(祝)の中園厩舎決断:中山最終決断!(1000万・ダート2400m)

1.回避

 

3/21に予定していたのは中山9R鎌ヶ谷特別と中京10R小牧特別だったが、

 

鎌ヶ谷特別はダイワミランダが不安定な牝馬、ルナプロスペクターは外枠の差し追込馬で更に1番人気を争う馬なので、どうしても危うさをぬぐえずに回避する。

 

中京10Rの小牧特別は優秀なGⅡ青葉賞出走馬であるレトロロックであるが、小倉のような小回りでの実績が優秀なことと、昇級戦での1番人気ということで危うさをぬぐえずに回避します。

 

ルナとレトロは、人気と状況がアンマッチ。

 

そして当面、牝馬は見送る方針にしますがダイワミランダはそれに則ります。

 

2.購入レース・・・中山最終(1000万・ダート2400m)

 

週中にピックアップしきれなかったが興味深い馬が出走する。

2枠4番 アンヴァリッドである。

 

①昨年の伏竜S3着馬

 

昨年、中山で行われたダートのOP特別・伏竜Sで3着だったがこのレースの出走メンバーは非常にハイレベルで、5着以下だった馬にも、その後勝ち上がってOPや準OPに昇格している馬がたくさんいる。

 

05着 ノンコノユメ・・・交流GⅠ・JDD勝利

06着 ブチコ・・・1000万・準OP勝利

07着 ホワイトフーガ・・・交流GⅠ・JBCレディスクラシック勝利

08着 カナハラビーチ・・・1000万勝利

11着 マイネルオフィール・・・1000万勝利

12着 カフジテイク・・・1000万・準OP勝利

 

そして1000万条件をクリアしていないが、

09着 ペプチドウォヘッド・・・昨日の1000万条件で2着

14着 マイネルシュバリエ・・・1000万条件で2着2回

の2頭も健闘している。

 

それならばアンヴァリッドにも1000万を突破できる下地があるといえる。

 

2.前走上がり最速

 

アンヴァリッドは伏竜Sの後は骨折で休養し、昨年の12月に復帰したが、いかにも骨折の影響で馬が恐る恐る走っている感を表して、1番人気で馬群に沈んだ。

 

その次も同様に3番人気に推されながら、道中ズルズル下がり、馬群に沈んだ。

 

そして前走は同じように4角でブービーだったが、直線でグイグイ伸びてきた。

着順は5着だったが上がり最速と復活の兆しをつかんだ。

 

もちろん後方から差を詰めただけなので、完全復活かどうかは見極めがつかない。

 

しかし現在5番人気ならばリスクを背負う価値はある。

 

【結 論】◎アンヴァリッド単複!!