一人POGプロジェクト 中園厩舎

現在は条件馬だが、1年以内に重賞・OP特別を使ったような厩舎が期待している(またはしていた)馬に注目して単勝を狙うプロジェクト

3月20日(日)・今日の中園厩舎:中山8R予想

予定している切り札が出走するのは以下の記事に記しています。

kartangle0331.hatenablog.com

対象は中山6R・8R・12R。

1.回避レース

①中山最終12R(1000万・ダ1200m)

 

12Rのダイワインパルスですが、1枠2番に入って「しまった」ので検討せずに回避しました。

 

ダイワインパルスの母父はアフリートですが、アフリート産駒や母父アフリートというのは外に被されるのが苦手なので、外枠から発走して被されないようなレース運びをすることが肝要。

そして過去2戦の同馬を見てもその特質を受け継いだレースっぷり。

 

前々走⇒後方から大外を鋭い末脚で3着

前走⇒1枠1番から好位インを追走して抜け出すだけだったが、抜け出せないまま脚をなくして終了

 

今回も「1枠2番」。揉まれこまれてしまうリスクが高いので、今回は見送ります。

 

②中山6R(3歳500万・芝1600m)・・・◎ファイアクリスタル

 

前走は牡馬相手のGⅢ共同通信杯で5着と大健闘した。

しかし今回は牡馬相手のマイル戦。

新馬戦を勝った時も最内を突き抜けたもので、更に言えば牝馬限定戦。

 

陣営の本音は、重賞とはいえ牝馬限定中距離戦である明日のGⅢフラワーCを使いたかっただろう。

 

このレースも見送る。

 

2.購入レース・・・中山8R(1000万・牝馬限定・芝2000m)

 

◎候補は昨年のフローラSで5着だったエバーシャルマンと6着バンゴールの2頭。

 

⇒当時の8着馬アスカビレンが1000万を勝っているので、先着している両馬が1000万を勝ち上がってもなんらおかしくはない。

 

では両馬の比較を行い、結論を出す。

 

①前走・・・1000万特別で2着だったバンゴールと牡馬相手に6着だったエバーシャルマン。

 

②斤量(前走からの比較)・・・エバーシャルマン3kg増はさすがに厳しい

 

③脚質・・・好位から競馬ができるバンゴールと差し追込のエバーシャルマン。今日の馬場を考えると、後方馬群からの差しは効きにくそう。

 

⇒比較してみるとバンゴールの方が、今回は有利である。

 

【結 論】◎バンゴール単複!!

 

 

 

3月19日(土)の中園厩舎結果

週中では土曜日のレースを3レースピックアップした。

kartangle0331.hatenablog.com

1.阪神7R・・・対象馬が多く、絞り切れなかった。しかも危険な人気馬感がある馬ばかりで回避しました。

 

 

2.中京最終・・・◎候補だったのは昨年のスイートピーS2着だったトーセンナチュラルだった。

 

しかし、結局は早々に馬券購入を断念した。

理由は下記に貼り付けているように、「不良馬場では休み明けの馬を買わない」というマイルールのためである。

 

 

 

実際に3番人気で12着に惨敗しているのだから、見送ったことは正解だった。

 

3.購入したレース・・・中京10R・恵那特別(1000万・ダート1200m)・◎ショコラブラン単複(各1000円)

 

事前予想は以下の通りでした。

上記記事をあげた時は3番人気だったが、午後になって1番人気になってしまったショコラブラン。

 

もっとも今年の3戦、全てダート1200mで勝てないまでも2着1回、3着2回で勝ち馬とは0.1秒以内にまとめていたから無理はない。

 

道中、好位馬群にジッとしていたショコラブランは、直線で前が開くのを待って逃げるブリンディスを追いすがったが逃げ切られ、アタマ差の2着だった。

 

複勝160円ということで400円のマイナスだった。

 

しかしここまで慎重に検討できて、納得できた馬だからガミっても、◎にしても悔いはない。

 

今後も納得できた馬だけ単複買えばいい。

中京10R・恵那特別決断!(1000万・ダート1200m)

kartangle0331.hatenablog.com

 

上記にあるように恵那特別の◎候補にショコラブランとキタサンサジンを挙げた。

両馬は昨年5月のOP特別・端午Sに出走していた。

結果はショコラブラン9着、キタサンサジン10着とパッとしなかったが、それは特に問題にはならない。

 

1.後に活躍馬が続出した去年の端午S組

 

 

01着 ホワイトフーガ・・・交流GⅠ・JBCレディスクラシック勝利

02着 カフジテイク・・・1000万と準OPを勝ち、OP入り

03着 ブルドックボス・・・1000万と準OPとOP特別を勝利

04着 リアルプロジェクト・・・1000万勝利

06着 スマートアヴァロン・・・1000万勝利

08着 マイネルオフィール・・・1000万勝利

11着 メイショウワダイコ・・・1000万勝利

15着 プレシャスルージュ・・・1000万勝利

 

⇒後に1000万条件をクリアした馬が7頭もいるハイレベルメンバー。そして16着リリーウイナーには1000万で2着があった。

 

⇒9着だったショコラブラン、10着だったキタサンサジンが1000万をクリアする下地は十分にある。

 

2.得意なダート1200m戦

 

ショコラブラン、キタサンサジンともにダート1200mが得意で甲乙つけがたい。

 

3.不良馬場は休み明けより使われている馬

 

不良馬場なので5か月振りのキタサンサジンではなく、中2週のショコラブランを選ぶ。

 

4.ショコラブラン

①血統・・・母母スキーパラダイス(GⅠ・ムーランドロンシャン賞やGⅡ京王杯SC他)の良血馬

 

叔母

エアトゥーレ(GⅡ阪神牝馬S)

アスピリンスノー(フローラS3着)

いとこ

キャプテントゥーレ(GⅠ皐月賞・GⅡデイリー杯2歳S他)

アルティマトゥーレ(GⅡセントウルS)

クランモンタナ(新潟記念2着)

コンテッサトゥーレ(GⅠ桜花賞3着)

ゴールデンチケット(交流GⅡ兵庫CS、GⅠJCダート3着)

ロワジャルダン(GⅢみやこS)

 

⇒兄を見てもわかるが、母アグネスショコラの仔はダートでの勝利が多い。ショコラブランがダートで好走を重ねていてもなんら不思議はない。

 

②ダート1200mでスピードを生かした、安定感のある先行策

 

③主要4場からレベルが落ちる同時開催中京への転戦

 

【結 論】◎ショコラブラン単複!!

 

今週の中園厩舎入厩馬(3/19・20・21)

今週の出走馬が確定したので、

A.約1年以内の重賞に出走していて一桁着順(一部例外あり)、そのレースで該当馬より着順が悪い馬が既に500万条件・1000万条件を勝っている

B.その上で、該当馬が得意なカテゴリーに出走している

という2条件を満たす「500万条件・1000万条件」出走馬を確認する。

1.3月19日(土)

阪神7R・500万・芝1400m

ショウナンアヴィド

タガノヴィアーレ

ウェーブヒーロー

リッジマン

ナイトオブナイツ

②中京10R・恵那特別(1000万・ダ1200m)

ショコラブラン

キタサンサジン

③中京12R・500万・芝2000m

トーセンナチュラル


2.3月20日(日)

①中山6R・3歳500万・芝1600m

ファイアクリスタル

②中山8R・1000万・芝2000m

エバーシャルマン

バンゴール

③中山12R・1000万・ダ1200m

ダイワインパルス


3.3月21日(祝)

①中山9R・鎌ヶ谷特別(1000万・芝1600m)

ダイワミラン

ルナプロスペクター

②中京10R・小牧特別(1000万・芝2000m)

レトロロック


以上15頭を入厩させて、枠順確定後に馬券購入対象にするかどうかを検討する。

「一人POGプロジェクト 中園厩舎」をはじめました

今週より「一人POGプロジェクト 中園厩舎」を独立させて、このブログで進行させていきます。

 

1.目的

週末のレースに登録されている、ある一定の条件に当てはまった馬を中園仮想厩舎に入厩させて、週末の競馬予想で単複馬券を買うかどうかを検討する。

「ある一定の条件」とは「1年以内に重賞・OPを走らせた馬」としたい。

 

2.購入対象

そんな馬は、馬主や厩舎には期待馬であり、そして伊達にOPには出走できないはず。

まずは500万・1000万条件を走る3・4歳馬について検討することにしました。

 

3.購入レース・馬・・・以下の3条件をクリアした馬がいるレース

①:500万条件・1000万条件戦に出走

②:①の中で1年以内の重賞・OPで一桁着順(一部例外あり)馬でそのレースで下位だった他馬が、今回出走するクラスを勝っていること。複数頭いれば尚良い。⇒当時の出走レベルの高さを担保している。

③:②の中で今回は得意条件に出走している馬

 

この3条件をクリアした馬はいつも圧倒的人気になりそうだが、実はそんなこともないのである。何個か示してみる。

 

4.実例・・・具体例を2・3挙げておく。

①2015年9月26日・夕月特別(1000万・芝1800m)・・・◎アスカビレン勝利(4番人気・単1310円・複650円)

 

アスカビレン⇒半年前GⅢチューリップ賞5着

チューリップ賞の6着以下馬が、後に活躍していた。

06着 コンテッサトゥーレ・・・GⅠ桜花賞3着

09着 タッチングスピーチ・・・GⅡローズS勝利

11着 クルミナル・・・GⅠ桜花賞2着、GⅠオークス3着

 

強いメンバーの揉まれてきたアスカビレンが、デビュー勝ちした阪神外回りコースの牝馬限定・1000万条件に登場したので単複馬券を購入した。

 

f:id:kartangle0331:20160318150929j:plain

 

②2016年3月6日・小倉メイン・大宰府特別(1000万特別・芝2000m)・・・◎ウェスタールンド勝利(3番人気・単勝780円)

 

※ウェスタールンド・・・前年5月、GⅡ青葉賞8着

青葉賞9着以下だったが、後に1000万条件を勝った馬は以下の2頭。

10着・・・ストレンジクオーク

14着・・・マサハヤドリーム

 

f:id:kartangle0331:20160318152023j:plain

 

5.まとめ

 

本来ならば他馬に比べて「圧倒的な経験」を持つ馬が、現在が条件馬であることと当時の着順によって、後に軽んじられてしまうことが多い。

このような馬の単勝を狙っていきます。